援助交際でだまされた?

援助交際を体験していく人たちの話を聞いていくと騙された発言というものを見聞きすることがあるかもしれません。

援助交際において騙されたというものは一体どのようなものなのでしょうか?

男性からすれば援助交際の世界において騙されたということは、女性に対しての魅力が思っていたよりも低いものであったり、前金だけ貰うだけ貰って逃げられてしまい交際などに発展していくことができなかったというケースになっていることでしょう。

いざ援助交際に及ぼうとしても女の子たちはありとあらゆる手を使っていくことによって上手くとんずらしてしまうこともあります。

その気があるふりをして近付いてくるような女の子もいるかもしれませんが、前金だけ貰ってすぐに逃げ出してしまうような女の子もいることから前金は渡さずにホテルに行ってから、もしくは別れの時間になってから必要な額を支払っていくという男性たちもいることでしょう。

騙されないように交際をおこなっていくためには女の子たちの動向といったものにもチェックしていくことが必要になるのです。

美味しい想いをしたいのは男性だって同じことですから女の子にお金だけ奪われて逃げられることのないようにしていくようにしましょう。

ホテルに着いたもののヤらせてくれない女の子たちは多いものですから事前にきちんと話し合っていくことも必要なことかもしれませんね。

ヤれないならお金も渡さないといったルールを決めておきましょう。

危険なことは1つや2つだけではない

援助交際は、非常に危険な行為だと言われています。

しかも、危険なことは1つや2つだけではないのです。

まず犯罪に巻き込まれる危険があります。

お金を盗まれるぐらいならまだマシで、暴行や監禁などの生命に関わる危険を被ってしまうかもしれないのです。

次に病気に感染する危険があります。

恐らく援助交際をするような女の子は、病気に関するリスクをしっかりと認識していないでしょうから病気にも簡単にかかってしまうのです。

そして妊娠をする危険もあります。

妊娠をしてしまうと、その後の人生にどれほどの影響を与えるのか、想像をしただけでゾッとすると思います。

他にも援助交際にハマってしまうことで、仕事がまともにできないような状態になったり、家族や友達を失ってしまう危険もあるのです。

それぐらい援助交際というのは危険で満ち溢れているものなのです。

大金を容易に得られるメリットこそあるものの、それでは釣り合わないぐらいの多くの危険があるのです。

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ